October 16, 2005

ニューヨーク番外編

本日の担当はRina姉さんと違って珍道中がよく似合う可愛いペットのイルカ犬です。
 クリックお願いします〜☆
サメちゃんではないですよーそろそろ名前覚えてください笑。確かに
NY滞在中のRinaの買い込みっぷりはセレブでした。コレほんと。

本当は金曜更新予定だったのに大失敗して遅くなってしまいました。ごめんなさい。

というわけで、気を取り直してニューヨークタイムズの記事を紹介いたしましょう!

何とですね、2005103日の新聞に記事が載りました。どんなことが書いてあったのかというと、「ヤナギマチカントク、スゴーイデスネ!カミュナンテシラナイブラボー!」みたいな感じ笑

詳しい内容を説明しますと、主に最初の長回しについて。「(ワークショップで映画を撮影している)学生たちが、キャンパス内を歩いたり踊ったりしている学生や映画の話をしている学生の間を忙しく走り回っている姿を無造作に捕らえていくという信じがたいほどのトラッキングショットで、狂喜に満ちたような始まりをするのである。」とあります。この文章何が何だかわからないけれど、とにかく初めから狂喜に満ちているらしい。少し補足しておくと、カミュの最初のシーンは約6分半のワンカットです。そしてこのワンカットの中でメインキャラクターが次々登場します。これは実は8分間の長回しで登場人物を全て紹介しているロバート・アルトマンの『ザ・プレイヤー』に基づいていて、実際2人の学生は『ザ・プレイヤー』やオーソン・ウェルズの『黒い罠』について話しながら歩いているが、『ザ・プレイヤー』の中でも『黒い罠』について語っている…という非常に複雑な構成になっているのです。まさに狂喜。しかも「無造作に…」と書かれててるけどかなり計算されてます。だってあの撮影の間中ずっと横で工事してたんですよ。そんなことを一瞬も感じさせないなんて…でも確かに作りこまれた印象を与えず自然なカメラワークなんですよね。まさにまさに狂喜。

そして「映画愛好者にとってたまらない喜びは、ポストモダン的学生がレオ・カラッカスやクエンティン・タランティーノやルキノ・ヴィスコンティなどの名前を口にし、獰猛なエネルギーと機知に満ちていることだ。」と。この記事を読んでいると、狂喜とか獰猛なエネルギーとかニューヨークでは随分攻撃的な映画だと受け取られたようですね。日本の学生には消極的なイメージがあるらしく、活発に映画制作に取り組んでいる姿が意外なようでした。

最後は「映画の最初の1時間は、柳町監督と彼のカメラが無数の登場人物と彼らの無数のドラを精巧極めた振り付けによる劇としながら、建物の片隅や廊下やキャンパス内を見事に動き回るのに目を奪われることになる。それがあまりに素晴らしいので、次第に忍び寄る恐怖に気がつかないほどである…」というような内容でしめられています。忍び寄る恐怖って笑。まるでホラー映画の批評みたいになってますが、ニューヨーカーには日本映画としては非常に衝撃的な映画であったようです。

現地で新聞買ってくれば良かったなぁ。。気づかなかった自分にいまさら後悔。とりあえずネットでは見れます。NEW YORK FILM FESTIVAL REVIEWS

それでは公開まで、ニューヨーカーの感想を参考に想像を膨らませてお待ちください!



camus_student at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

October 14, 2005

カミュなんてニューヨーク映画祭

まんはったん

 

ニューヨーク!フォー!
 ←クリック!フォー!

誰だよ「NY三人娘の珍道中・・・」なんて日曜日の昼間にやってる旅番組みたいな名前付けたのは?どう考えても「Rinaと可愛いペット達が行くNYセレブの旅」だろが! 

「あたしもNY行きた〜い、カ・ン・ト・ク」なんて今から考えたら極めて軽率な発言をしてからもう一ヶ月・・・キタロウ袋に遺書を書こうかと思った飛行機の揺れにも耐えながら、ついに私は念願のニューヨークに降り立ったのでした。イーストリバーにかかる橋を渡りNYの超高層ビル街を目の当たりにした時は、ブロードウェイを目指す18歳の踊り子のような気持ちになったとか、ならなかったとか。

ランチ取材

そんなダンサーRinaと二匹の可愛いペットは愛しの茨城・・・おっと柳町監督に密着!分刻みで行われた数々の取材によって『カミュなんて知らない』がアメリカ人のハートにどう響くのか垣間見たのであります。もともとスケジュールに入っていた取材もたくさんあったのですが、レセプションやパーティ、上映後など隙あらば「ちょっとお話いいですか?」の嵐。監督や中泉さんの写真を撮るため列を成すほどでした、コレほんと。

雑誌取材

事前に行われたプレス試写の反響でしょうか、何も言わなくても『カミュなんて知らない』の監督と俳優だと皆さん知っておられました。Rinaも「若い時のグレースケリーにくりそつなお嬢さん、君も映画に出てるのかい?」なんて言われたとか、言われないとか。「オープニングの長回しは何Take撮ったのか?」「何故この映画を撮ったのか?」「テーマは?」「何が言いたいのか?」次々に飛び出す英語の質問に監督の茨城弁も負けず劣らずでしたよ〜。

 テレビ取材           中でも皆さん興味がおありだったのが、映画に出てくる日本の大学生と大学生活について。「実際に日本の大学生はあんな風なのか?」。日本の学生と言えば、机に向かって黙々と勉強する姿がイメージなのかぁ。『カミュなんて知らない』を見た外国人の方達には、奔放に大胆に行動するキャラクター達が以外に映ったのでしょうね。私が日本の大学生だと知った一人のアメリカ人は「君もあんなにアトラクティブ&アグレッシブに活動するのかい?」と声をかけてきたので、「Yes,ofcourse!」と答えておきました。二日目に行われたテレビ取材では、この事に関する興味深い質問がなされていました。「日本の教育ではあまりクリエティブという事に関して重点を置いてないようなイメージを受けるが、この作品では学生が自ら率先して考え行動する姿がとてもいきいきと描かれている。これは実際の日本の大学生の姿なのか?それとも柳町監督の頭の中にあるものなのか?」。これに対し監督は大学の授業である映像ワークショップでの講師という実体験を元に、「やる気のない、行動的ではない典型的な日本の学生であっても、映画を共同で作るというある種ひとりひとりに責任を与えるような授業のやり方をする事で、『カミュ〜』のようなキャラクターをうまく引き出す事ができた」と、う〜む納得の答え。やっぱり私達にはない外国人の違う視点によって生まれる感想や疑問は、勉強になります。

公園取材

他にも雑誌や様々なメディアに取材を受けたんですよ。なんとあのNY Timesにも記事が載ってしまいました。明日はその記事をサメ猫が紹介してくれるとか、くれないとか。映画祭スタッフに怒られた話とか、タクシーの運転手に怒られた話とか、レジのおばさんに怒られた話とか・・・私達がNYの街で過ごした短くも素晴らしい5日間について番外編として報告しちゃいま〜す。

 

 

Ilove,NY

Rina



camus_student at 01:26|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

October 13, 2005

カミュなんてニューヨーク映画祭 

ニューヨーク2日目であります。
本日お届けするのはサメ猫です。
まずはこちら をクリック!

昨日の帰りが深夜に及んだにもかかわらず、

意外に早起きして規則正しいことこの上ないすばらしい。

本日お届けするのはサメ猫です

 

夜にはついに「カミュなんて知らない」が上映されますよー!

舞台挨拶もあるし上映後はQ&Aもあるし

ノートもペンもデジカメも準備万端

でも上映までもいろいろと予定が

 

bag日中はメディアの取材なんかも少し受けつつ、と。

NYffのスタッフの方ともご挨拶。

監督と中泉英雄さんにはなんと特典バッグ付き☆

中身はねー、暗いところでも書けるペンとか、

映写機の形をした置時計などでした☆☆☆

 

 

 

 

dinnerそして夕方は、

今日もなんとNYff主催者の方が催すディナーへ

あーご一緒してよいのですか(;;)

コース料理をいただいてしまいました。

もちろんいろいろな作品の関係者の方々もいますし、

主催者側の方もいるわけなんですが、

みなさんとってもいい方たちなんです。                                     

英語も話せない学生に話しかけてくださる。   

ありがたい限り、感謝感激ですm(..)m

 

あ、前置きが長くなってしまった。

上映ですね。 

さぁ、いざ!!!

 

関係者通路を通って一度控え室へ。

ひ、控え室!?

どこまでおいしい思いをするんだ3人娘。

フリードリンクやチーズやスナックなども揃った一般じゃ入れない空間を堪能 

中にはもう作品を見に来ていた観客がたくさん席についています。

さささ、私たちも会場へ。

 

まずは上映前に少し舞台挨拶。

監督のシャレのきいた挨拶や、

中泉さんの間の良い「ハロー」や現地でのエピソードなど、

会場は笑いも起こって非常にいい雰囲気、反応は上場♪

 

そして本編上映中は、

笑いがたくさんおこってたなー。

声出して笑ってて、すごいです。

監督もよくおっしゃってますが、

コメディなんです。

でもやっぱりコメディだけでは終わらない、

最後の方ではやはりニューヨーカーもやられてました

あー詳しく語りたい。公開まで待ちます

会場の反応を見るたびに、

イルカもRinaもサメもにっこりにんまりでした

 

 

上映が終わると会場内には拍手。hakusyu

監督と中泉さんにスポットがあたって

お互いに拍手を送ってらっしゃいました

あーこの場にいられてよかったなぁ。

 

続きを読む

camus_student at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

October 12, 2005

カミュなんてニューヨーク映画祭

お待たせしました!本日より「NY3人娘の珍道中ニューヨーク映画祭の巻」をお送りします。本日のお相手はイルカ犬です。

 クリックしてね☆

ご存知の通りRina、サメ猫、イルカ犬の3人は祝『カミュなんて知らない』ニューヨーク映画祭出品!ということで、果たしてカミュはニューヨーカーに通用するのか、果たして監督の茨城弁はニューヨーカーに受け入れてもらえるのか、気になって夜も眠れない日々が続いたため、かなり思い切ってNYへ飛び立ったのでした。10/2(日)16時55分のことです。飛行機に揺られること約12時間(本当に揺れた揺れた…)、10/2(日)16時35分、日本に残してきたスタッフの皆より13時間長く生きた私たちは、無事NYケネディ空港に着いたのでした。

予算の関係上、学生3人はツアーで申し込んでいたため、監督たちとは別のホテルに宿泊。ホテルウォルコットという半分アパートになっている質素なホテルです。部屋についてシャワーを浴びようとしたらお湯が出ない等ハプニングもありつつ笑、20時頃一足先にニューヨーク入りしていた監督や実は同じ飛行機だった池田役の俳優中泉さんたちと合流。無事に会うことができてほっとするのも束の間、今後のスケジュール確認をしていると、「これから映画祭のパ−ティがあるからそろそろ行きましょう」発言が。えー、私たちただの学生なのにそのようなところに参加させていただいてよろしいのですか!? パーティ風景                                                                           というわけで、初日から予想外の展開に戸惑いつつもちゃっかり潜入してしまいました!会場に行ってみると意外と気楽な感じで少し安心しました。映画関係者はお金がないから公式イベント以外は正装しないとか。パーティには記者や配給会社の方がたくさん来ていて、監督と中泉さんもたくさん声をかけられていましたよ。何といっても映画祭のプレス試写会で大盛況だったそうですから。

監督とシルヴィア

そして何とアカデミー賞に2回ノミネートされ、ダスティン・ホフマン主演の『真夜中のカーボーイ』等出演のシルヴィア・ミルズさんもパーティにいらっしゃっていて、今回の出品作品の中でカミュが一番良かったと監督に声をかけていました!これは嬉しい羨ましい限りです。映画祭はもちろん、NY初上陸なのにいきなりこんな貴重で刺激的な場面に遭遇し、とにかく圧倒されっぱなしの3人でした。                                                                                               

 

この日、ホテルに戻ったのは深夜2時頃。もったいなほどの待遇に恐縮しつつ、明日からのハードスケジュールに不安を覚えつつ、時差ぼけにも負けない疲労のために容易く睡眠。そう、これからが本番です。

明日は遂に。。!!



camus_student at 01:15|PermalinkComments(273)TrackBack(1)

October 09, 2005

ニューヨークとこれから

ハイサイ!俺です。

 まずはクリックお願いします!

本日は新リーダー(あだ名)map-kozouを取り囲み、小娘、kentaroお兄さん、Rina嬢、俺の面子で話しこんできました。

ニューヨークの土産話も聞きつつ、さてこれからどうやって『カミュなんて知らない』を世の皆々様に広めていくか意見をぶつけあったのですが、さすが新リーダー!鼠な発想で我々を煙に巻きました。ケムマキです。

これからの忘年会シーズンに向けて、『カミュなんて知らない』のロゴ入りのタッパーを配ろうだとか、石原軍団よろしく炊き出しをやろうだとかシャカリキ熱弁してました。

いくつか妙案も飛び出しましたので、ますますのご注目を願います。決定次第発表してまいりますのでお楽しみに!!

ニューヨークでの評判も上々だったようで、宣伝部一同盛り上がっております。詳しくはニューヨーク3人娘に任せましょう。だって行ってないもん。

それでは俺でした。再見。

 



camus_student at 00:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

October 07, 2005

ただいまー!

176f15b8.JPG

ニューヨーク3人娘、無事、帰国いたしました!!

もう楽しかったーーーー(> <)!
ニューヨークいいところ〜☆
映画祭ステキなところ〜☆

というわけで ←クリック!

映画祭のレポートやニューヨークのお話、たくさん書くつもりなんですがね、
学生3人行って、書きたいこと書きまくってちゃしょうがないってことで、
後日改めてきちんと報告します!
今日は帰国の挨拶程度で失礼します。

ということで写真も後々ということで・・・
今日は映画祭のチラシやホームページで活躍していた写真をひとつ。
前にkoyukiさんの記事でも解説されていた(10/6)、それです。
ニューヨークでの上映会場の前の置いてあった看板のものをパシャリ。
白黒バージョンです。
単に白黒なだけになっちゃった 笑

近いうちにまた報告をします
ブログにまた立ち寄ってくださいね。

そしてこの場をかりて、
監督はじめ滞在中お世話になったみなさん、
本当にありがとうございました!!

公開までがんばるぞーー



camus_student at 23:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

学生宣伝部ブログ!脅威の奮闘ぶり。

学生宣伝部ブログを、そして何より『カミュなんて知らない』を毎日楽しみにされている皆さん、ありがとうございます。map-kozouです。

皆さんのクリック(投票)に、学生宣伝部ブログは、 をグングン駆け上がり、それは結果、更に多くの人が「カミュなんて知らない」を知るきっかけづくりに、皆さんにとっての束の間の我が子こと私達学生宣伝部の励みになっておりますこと、本当に感謝しております。

さてさて、予告編ですが、現在は東京国際映画祭ホームページよりご覧になることが出来ます。是非ご覧下さい。勿論、予告編上映中の映画館で出会うのも、格別かとも思いますので、近日中に予告編が流されている映画館をお知らせできればと考えております。問答無用で、この学生宣伝部ブログでも、小娘。の胸の膨らみの企みの、予告編公開を実現したいと考えています。・・・、って勇み足。いやいや、学生宣伝部ブログ、あなどれないとこみせたい、な♪と、現在セルフバーニング中なので、お楽しみに。

さ・て、ニューヨーク映画祭での上映もあり、学生宣伝部も更に更に活気づいて来ました。『カミュなんて知らない』を心町にして頂いている皆さんをもっともっと刺激出来るよう、張り切っていきます。



camus_student at 02:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

October 06, 2005

予告編みた?

どうもー。小娘です。
 クリックお願いします!
ニューヨークでの上映も終え、監督や3人娘は今頃日本へ向かう飛行機の中でしょうか。
お留守番隊はニューヨークの土産話(と土産)を首を長~くして待っているのですよ。
今年のニューヨーク映画祭のテーマは「歴史」だとか。
で、なんで『カミュなんて知らない』が選ばれたんだろね?
現代の若者を切り取りつつ、その中に人間の変わらない普遍性も描かれている作品・・・ってことなのかしら?
あぁ~早く皆帰ってこないかな〜〜♪

さて、今日は立教大学のキャンパス誌「St.Paul’s Campus」さんの取材がありました。
撮影に関わった学生7人の座談会というかたちで、
演出部・制作部・照明部・美術部の助手として参加したエピソードなどを話してもらいました。
「眠かった・暑かった・辛かった・怒られた・・・」愚痴から始まりその他、みんな記事に出来ない裏話ばっかし話すので、
「でも楽しかったです。よい経験でした。ねっみんな!」とその都度軌道修正。
あいつらめー
SPCこんな感じで様々な雑誌で座談会を取り上げて頂いてます。
その都度召集に応じてくれる撮影スタッフのみんな
どうもありがとうね!
でももっとウマイ話してくれると嬉しいです。。。


P.S 東京国際映画祭のHPで『カミュなんて知らない』の予告編がアップされましたね。是非ご覧ください!
このブログにも予告編のせたいよね。
先日新リーダーに就任した(らしい)map-kozouさん。何とかやってみましょーよ?



camus_student at 17:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

ニューヨーク映画祭×柳町監督

こんにちは☆本日も引き続きニューヨーク映画祭について触れていきたいと思います。

「何でも部屋カミュなんて知らない」管理人koyukiです!

さてさて、前回の記事でも触れているとおり、ニューヨーク映画祭!!やりましたね柳町監督!!といった感じです。

現地の報告は、監督に同行したRinaさん、イルカ犬さん、サメ猫さんの3人娘がしてくれると思いますので、しばしお待ちを・・・。

では、ニューヨーク映画祭と柳町光男監督について、予備知識を。。。もうすでにご存知の方、いらっしゃると思いますが。

実は、1985年に「火まつり」という作品で一度ニューヨーク映画祭に出展されているんですよね。なので今回は2度目ということになります。

火まつり

簡単に映画祭とは言いますが、このニューヨーク映画祭は、”賞”という扱いは一切していないことで知られていると思います。ですので、完璧に作品の質によって出展が決まるというのを以前耳にしました。その場にいれるこの作品、期待しちゃってください☆

あまり気のきいたことを言えない自分が恥ずかしい・・・。

さて、気を取り直して、NY映画祭のHPでのカミュなんて知らないのページをご覧いただきましょうか。↓↓

 ニューヨーク映画祭公式HP

写真は映画の一部ですね。学生たちが「撮影!!」って感じで燃えているところであります。

 

そんなこんなで、いざ報告を待つ学生宣伝スタッフです☆



camus_student at 16:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)『カミュなんて知らない』と学生達 | 『カミュなんて知らない』と学生達

ニューヨーク映画祭

 

こんばんは。「小さな映画部屋」の者です。
ニューヨークでの、『カミュなんて知らない』に対する反応がかなり良いみたいです!!
さて、今日は「ニューヨーク映画祭」について少し書いてみたいとおもいます。
1963年にスタートし、アンダーグラウンドな外国映画や、インディーズの米国映画を上映しているという点でも有名みたいです。 ニューヨーク映画祭の公式ホームページにいってみると、載せられている映画の写真を観ただけでもワクワクしてしまいますよ!上映されている映画のセンスが良いというか、なんというか・・・最近では、1999年に「もののけ姫」、2000年には「御法度」など、日本映画の活躍も素晴らしいです。
そして・・・今年は、柳町光男監督の『カミュなんて知らない』です! 映画祭のホームページにも「若い役者が活躍している。」と書いてあったように、この映画は役者の方々がとにかく素晴らしいのです。個人的な意見になってしまうのですが、映画の中での登場人物の存在が、すっごく現実から離れているわけでもなく、近すぎる存在でもない、という微妙な距離感が、映画を観る側にとってすごくワクワクするのです。
文章にするの難しいです。。。なので、観てください(笑)!
次は、koyukiさんが私の記事よりためになる記事をかいてくれます!お願いします!!

    

camus_student at 03:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

誰もが華やぎながら囲い込む『カミュなんて知らない』情報
コ〜ナ〜(パブリシティ情報)
(1月20日更新!!)




反響ゾクゾクッ!!
ご覧になった方はコチラ

1・28 TOKYO...
『映画監督 柳町光男
    -6時間-
映画演出について語る。」
Report(BY 学生宣伝部)
当日の模様はコチラ
で!!
関西方面での第二弾が決定しました!!


『カミュなんて知らない』

公式HP

上映館情報



出演者公式HP
前田愛
グランパパプロダクション
吉川ひなの
leviePRODUCTIONS
柏原収史
official webpage
中泉英雄
BeNice
本田博太郎
MATSUCOMPANY


人気コーナー
「あるデブの決意」
!!減量中!!

学生宣伝部メンバー紹介
小娘
学生達のリーダー的存在。恋多き(?)男前な娘。リーダーシップを遺憾なく発揮し、男達をぐいぐい引っぱる。

Kentaro
映画を研究する傍ら映画関係の仕事もこなすスーパー大学院生。みんなのお兄さん。

サメ猫&イルカ犬
キュートな立教生二人組。サメ猫は外回りを担当する行動派。イルカ犬はのんびりした外見に似合わず理論家。

Koyuki
映画撮影を学んでいる大学生。悩み多き美少女だが根性はメンバー随一。撮影、バイト、宣伝と寝ずに働くがんばり屋。

Rina
メリル・ストリープ似のS嬢。冷たい視線で学生達を震え上がらせ、監督をも軽くいなす。最強!!

map-kozou
急遽参戦が決定した秘密兵器。言動は意味不明だが必死さだけは伝わってくる。特技は交通費の二重取り。1/25と連日更新しました。


体の割りに声が小さい素朴な学生で動物や自然を愛する平和な心の持ち主。デブ。仕事は出来ない。でもいい奴だよ。



アクセスカウンター